オフィスにはパーテーションが必要です

相手の姿が視界に入ると集中できない

オフィス パーテーション / パーテーション・ローパーテーションの通販

オフィスを持つようになってパーテーションの重要性を感じた相手の姿が視界に入ると集中できないパーテーションは導入コストも低く集中できる環境も作れたオフィスをパーテーションで仕切って見た結果

机の位置が偶然にも向かい合う格好になったのですが、前を向いてしまうと自然と相手の作業風景画が視界に入ってきてしまうのです。
これだけならば、まだ良いのですが、相手もこちらを見たりすると自然と目が合ってしまいます。
人はどうしてなのか分かりませんが、相手が見ていると自然とある程度見返してしまうようになってしまいます。
出来る限り目を合わせないように努力していても、結局長期間作業をしていると、何となく合ってしまうタイミングがあります。
これがほんの数日なら問題にもなりませんが、これから毎日この状態が続くのです。
それを考えてしまうと、正直なかり作業がしにくいと感じてしまうでしょう。
相手がどのような気持ちになっているのかはもちろん私には分かりません。
ですが、何度も向かい側の人間と目が合ってしまうような状態は、落ち着かないと考えるのが自然ではないでしょうか。
従業員を雇うということは、実際に雇ってみて分かったのですが、財政的にもかなりの負担を感じることです。
もちろんただ雇っただけでなく、教育をするために投資をしなければいけないのですが、これもまた大変な投資額になってしまいます。
私のような中小企業の経営者にとってはこれはかなりの負担です。
そのため、雇った従業員にはきちんと会社に定着してほしいと考えています。