オフィスにはパーテーションが必要です

オフィスを持つようになってパーテーションの重要性を感じた

仕事をしていく上でパーテーションがそれ程に重要でしょうか。
以前は私もこれをあまり重要だとは考えていませんでした、働いているときにそんなに他人のことが気になるほど集中してない状態が考えられなかったので、こんなものはなくても大きな問題にはならないだろうと考えていました。
ですが、現実にはこのパーテーションが意外にも役に立つことがオフィスを持つ様になって分かってきたのです。
まず初めの頃は私のオフィスにはパーテーションがありませんでした。
それも特に気にしていませんでした。
なぜなら以前は私一人で仕事をしていたからです。

一人で部屋の中にいるときはパーテーションがあってもなくても関係ありません。
誰かに見られる心配もなく、一人で黙々と仕事を続けることが出来ます。
こうした時に誰かの視線が気になるということはもちろんありません。
ですが、しばらくして幸運なことに事業は順調に成長していき、新たに人手を増やして事業拡大を行うことにしました。
とりあえず、部下のために必要そうな机等を適当に揃えてみることにしました。
こうして少人数ながらもオフィスらしい体制が整い仕事を始める様になりました。
この時点ではまだパーテーションがなかったのですが、しばらくするとなんだか集中できない局面があることに気が付いたのです。

オフィスを持つようになってパーテーションの重要性を感じた相手の姿が視界に入ると集中できないパーテーションは導入コストも低く集中できる環境も作れたオフィスをパーテーションで仕切って見た結果